子供の頃に戻って身体能力を伸ばしたい

子供時代 運動能力
Facebook にシェア

子供時代の運動神経

小さい頃から自宅前の細い路地で近所の友達やお兄ちゃんたちと遊びまわり、
小学生からは柔道や少年野球、夏だけ短期水泳教室…といったどこにでもいるような子供時代。

それでも柔道で初めて出た試合では準優勝。その後も3位以下になったことがないくらい強かったし、短期水泳に行けば選手コースでやってみないかと勧誘を受けた。
3重跳びは小3で、高校の時には5重跳びまでできた。

要は運動神経がいい、という子供だった。

小学生くらいまでは足が速かったり、ボールがうまく投げれたりするような、友達より少し身のこなしがうまいか体格的に優れている子がヒーローになれる。
でもそれじゃ競技としてスポーツと向き合うには足りないものばかり。
自分だけじゃない、まわりの友人にも中学以降勝負にならなくなった奴は数知れない。
そう、運動神経がいい奴なんてゴロゴロいるって思い知ることになっていくんだ。

高校まで野球をやったけど、多すぎる部員の中でレギュラーを獲得できたわけじゃないし、時代だったのか、きつい練習、ハードなトレーニングをやり抜くことが目的みたいな毎日。
背筋が240あったって、チームで一番長距離走が早くたって、小学生で運動神経がよくたって、部活レベルでレギュラーがとれないのが現実。

プロになった友人との決定的な違い

小学校から通してしっかりとした技術を教えてもらったことなんてない。
うまくなりたければ必死に素振りをするくらい。誰かに聞く、という選択肢も当時は思いつきもしなかった。いや、親には聞いたのかもしれないけど聞いても期待するような返事がもらえたことがなかった。

だから野球はひたすらうまい先輩や友人を見て「どう動いてるのか」をまねる日々。
動きから使い方をコピーして、あーでもないこーでもないと試行錯誤。
それでも追いつくわけでなく、その後プロになった友人とは当時から圧倒的、というか、決定的な違いを見せつけられるばかりだった。
練習量、努力、技術力をどんなに追いかけても絶対に敵わないと思わせる”何か”があった。

「何が違うのか?」

才能だの適性だのと自分をあきらめる前にできること。
それこそが身体の感覚を伸ばすこと自分をコントロールできる運動感覚を身につけること

自分をどう動かせばいいのかを感じることでパフォーマンスは劇的に変わってくるし、
思い通りに動かしたければ自分の内部感覚を育てればいい。
タフさやパワーは後からいくらでもつけられるけど、細かい技術に対応できる感覚がなければ始まらない。

これが身体と動きを探求する原点になって今に至るわけです。
自分が教えて欲しかったこと、もっと挑戦できたかもしれないこと。
その答えをどこまで追求できるのか、選手の皆さんと息子と挑戦中です。

Facebook にシェア

コメント

タイトルとURLをコピーしました